top of page
Search
  • Writer's pictureVT 三浦

災害の備えできていますか?【備蓄編】


こんにちは

とおやま犬猫病院の動物看護師、三浦です。


第3弾はペットのための備蓄についてお話しします。



避難をする場合のほかに

ライフラインの寸断により

水が出なかったり、道が通れなくなることで

必要な物質が届かなくなる可能性がありますよね。


そんなときのために

人用の備蓄と合わせて

わんちゃんねこちゃん用の備蓄も

見直してみてはいかがでしょうか?


 


①絶対に必要なもの


〈持病の薬〉

かかりつけの動物病院が機能しない可能性も考えて、

どんな薬をどれくらい飲んでいるかを

スマホにメモするなどして

把握しておくのもいいと思います。

当院に通っていただいているわんちゃんねこちゃんの

薬の内容を改めて聞きたい!という方は

お気軽にお尋ねくださいね。


〈食べ慣れたフード〉

おなかを壊す可能性もあるので

食べ慣れたいつものご飯を

ローリングストック※という方法で

用意しておくことをおすすめします。

また、療法食を食べている子は

災害時は手に入らないこともあるので

しっかり準備しておくといいですよ!


※ローリングストックとは・・・

下の図にあるように、

食べ物や日用品を多めに蓄えて

賞味期限の早いものから日常生活で消費し

消費した分を買い足すことで一定の食品が

家庭で備蓄されている状態を保つための方法です。

当院の猫たちもこの方法を取り入れています。


〈水〉

人用に水の備蓄をしている方は多いと思いますが、

せっかく備蓄するのではあれば

わんちゃんねこちゃんに適した水を準備するのはどうでしょうか?


それはズバリ「軟水」です!

ミネラルの含有量が少なく、尿路結石になりづらいものを選びます。


今から備蓄をしようと考えている方は

軟水かどうか買う前にラベルを確認してみるといいと思います(^^)


当院でも突然の災害に備え、

軟水の保存水を備蓄しています!!!



〈首輪・リード〉

避難した先でわんちゃんは

繋いでおかないといけなくなるかもしれません。

噛みちぎったりする可能性があるのならば

何本かリードを多く用意しておくといいですね。



 

②用意しておくといいもの


〈トイレ用品〉

・ペットシーツ

・猫砂

・猫用トイレ


私は緊急時に車で過ごすことも想定して

車にも猫砂や袋を積んでいます!


〈情報のわかるもの〉


・飼い主さんの連絡先

・各種ワクチン接種歴

・健康状態のわかるもの

・かかりつけの動物病院の情報


スマホの中にペットの写真、

各種証明書の写真を入れておくのもおすすめです。


〈その他〉

・タオル

・キャリー(慣らしておくと◯!)

・袋

・ガムテープ

・ケージ など


 

3回に分けて動物病院がすすめる

災害の備えを紹介してきました。

ペットの防災について少しでも考えるきっかけになればいいと思います。


来院の際には

うちの子のためにこんなもの準備したよ!

こんな便利グッズがあるよ!

などなどお話しいただけたら嬉しいです(^^)

お読みいただきありがとうございました。



TEL:0573-67-8288


岐阜県中津川市千旦林1386-1

※Googleマップ「とおやま犬猫病院 中津川」

で検索できます。そのままナビ設定も可能。


とおやま犬猫病院 院長/獣医師 遠山 伸夫



60 views0 comments

Comments


bottom of page