Search
  • とおやま犬猫病院

散歩中にリードを噛む犬への対策


こんにちは。とおやま犬猫病院の動物看護師、三浦です。

本年も定期的にしつけブログを更新していきますので、

楽しみにしていてくださいね。

では、2018年最初のしつけブログです。

今回は、実際に当院の飼い主さんからも相談があった、

散歩中にリードを噛んでしまうわんちゃんが、なぜリードを噛んでしまうのか

またその具体的な対策方法(しつけ)を紹介したいと思います。

散歩はわんちゃんも飼い主さんも

楽しいものでありたいですね。

そんな散歩中に、あなたのわんちゃんはリードを噛んでいませんか?

もしそうであるならば、やはり理由が知りたいでしょうし、

解決策も知りたいはずです。

なぜ、わんちゃんはリードを噛んでしまうのでしょうか?

その理由を3つあげてみましょう。

1.リードを噛むことが遊びになっている

わんちゃんがリードを噛んで引っ張ったとき

人も引っ張ってやめさせようとしてしまいがちです。

しかしこれを繰り返すとわんちゃんは

「引っ張り合いっこだ!」と遊んでくれているという

認識をしてしまいます。

2.ストレスがたまっている

飼い主さんとのコミュニケーション不足である、

いやな叱られ方を日常的にされている、

散歩が楽しくないなどといった理由で

ストレスがたまっていると

そのストレスを発散させようとリードを

噛んでしまう場合があります。

3.散歩に慣れていない

単純に散歩に慣れていないわんちゃんは

いやがってリードを噛んでしまうことがあります。

子犬はの場合はこれは何かと口に入れて

確かめている可能性もあります。

以上、大きくわけて3つがリードを噛む理由としてあげられます。

では、この理由をふまえて、

どのようにリードを噛まないようにしつけていくか、

次に具体的な改善方法を紹介していきます↓↓↓

改善策①:リードを替える

リードを噛むことが遊びになっているわんちゃんは

ゆらゆらしないように短めのリードに

替えてみるのもいいかもしれません。

長いリードのままの場合でも

飼い主さんが短く持つことで噛まないように

コントロールをしていきます。

改善策②:離すコマンドを教える

わんちゃんに教えておくと便利なコマンド集で紹介したように、

わんちゃんが噛んでほしくないものを噛んだときに

離させるコマンド(はなせ、ちょうだい、オフ)を

教えておくと便利です。

改善策③:楽しい散歩をする

リードを噛んでしまう理由でもあげたように

散歩が楽しくないがゆえのストレスから

リードを噛んでしまう場合は、

散歩の内容を改善する必要があります。

例えば、首輪に負担がかからないような歩き方をする、

十分ににおいをかぐ時間を与える、

ゆっくり歩いたり走ったりコースを変えるなどなど

あなたのわんちゃんが楽しめる散歩を心がけましょう。

改善④:ダメだと教える

①や③を試しても噛んでしまうというわんちゃんには

ダメだと教えるトレーニングをしてみましょう。

方法は、まずわんちゃんがリードを噛んだら

飼い主さんは「ダメ」と言います。

ここで大切なのは冷静に低い声で言うことです。

高い声で言ってしまっては

遊んでくれると思われてしまいます。

そしてわんちゃんが飼い主さんの声にひるんで

リードを離したら、落ち着かせるために

「おすわり」や「フセ」などをさせます。

落ち着いたらまた散歩を再開させましょう。

そして噛んだらまた繰り返しです。

解決策のすべてにおいて、共通して大切なことは、

リードを噛まれても飼い主さんが引っ張らないこと、騒がないことが第一です。

いつでも、わんちゃんと楽しい散歩ができるように

ぜひ実践してみてください。

P.S.

当院では、無料にてしつけ相談を随時受付けているので、

お気軽にあなたのわんちゃんと一緒に来て下さいね(^^)

TEL:0573−67−8288

#しつけ #わんちゃん

8 views

0573-67-8288

Tel
とおやま犬猫病院 中津川 動物病院 美乃坂本 

クリックするとページトップに移動します。